これが日本だ ?

涙をいっぱいためた猫の瞳・・・猫すら泣きたくなる日本の現状・・・そんな記事が・・・ド田舎の我が家にも来たことがあるフルーツ売り・・・悲惨だ・・・今の日本・・・これが日本の現状だ ? と、思ってしまった。 ・・・ ビジネスジャーナル・・・さんのサイトから。 http://biz-journal.jp/2014/09/post_5990.html 街中に出没する“若者のフルー…

続きを読む

ただ只管悩む。

う~ん・・・ただ只管悩む・・・何が何だか・・・グチャグチャで御砂利ます。 ・・・ ねずさんのひとりごと ・・・さんのサイトから。 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3777.html ノートとして。 日本は天皇のシラス国です。 ・・・ 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }・・・さんのサイトから。…

続きを読む

猫の挨拶(ニャンス)

う~ん・・・実に可愛い(ニャンス)というらしい・・・気味の悪いコンスババアの挨拶とは大違い・・・その気味の悪い挨拶があちこちで・・・鳥肌が~・・・とことん薄気味の悪い世の中になったものだ・・・無念です。 ・・・ 紙幣の不思議2・・・さんのサイトから。 https://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/cddeeb98b38f4c27182066e23a…

続きを読む

M資金。

またぞろ出てきた「M資金」・・・高橋五郎さんのお話し。 ・・・ 【全編】高橋五郎先生「天皇の金塊 ゴールデン・リリーの謎」特別記念独演会ワールドフォーラム2016年3月 https://www.youtube.com/watch?v=3-mUYriUlY4 2016/05/26 に公開 【追悼】2017年11月9日高橋五郎先生が逝去されました。ご冥福を心からお祈り申し…

続きを読む

「倭国」から「日本国」へ。

【邪馬台国】大分県日田ダンワラ古墳で発掘された金銀錯嵌珠龍文鉄鏡 https://www.youtube.com/watch?v=Zim4zjN7Klc 【[邪馬台国】旧唐書・新唐書から見える古代日本の成立について考えてみました。 https://www.youtube.com/watch?v=bG1Bmbo32O0 刮目天(かつもくてん)の ブログだ! ・・・さ…

続きを読む

「人生100年時代戦略本部」

もう、笑うしかない・・・自民党の「人生100年時代戦略本部」・・・家畜奴隷に定年無し・・・勿論、家畜に払う年金も無し・・・しかし、年金保険料も税金も厳しく取り立てます・・・死ぬ死ぬ攻撃が激しくなって参りました・・・あぁ~・・・私は金持ちに飼われる猫になりたい・・・そんな心境です。 ・・・ ネットゲリラ・・・さんのサイトから。 http://my.shadowcity.jp/…

続きを読む

先手を打って糖尿病の障害年金を打ち切った東電政府 ?

日本年金機構が障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討していることが判明した・・・との事です。 障害基礎年金。 20歳前から難病を抱える人や、国民年金加入者が障害を負った場合などに、年80万円程度を下限に支払われる。 チェルノブイリ事故後、6年経ってからベラルーシでは糖尿病が劇的に増加したとの事です。 日本もそろそろ劇的…

続きを読む

土地の所有者って誰 ?

僕の疑問・・・土地の所有者って誰 ? ・・・固定資産税って何 ? ・・・自分家なのに何故、税金取られるの ? ・・・エッ、国の物だからなの ? ・・・国って何 ?・・・じゃ、国の所有者って誰 ? ・・・誰が決めるの ? ・・・ネ~ネ~・・・じゃ、地球の大家さんって誰 ? ・・・人間って何 ? ・・・誰が作ったの ? ・・・えっ、異星人が作ったの ? ・・・餌と奴隷にする為に ? …

続きを読む

コーヒーフレッシュ物語。

コーヒーフレッシュとガムシロップ・・・ガムシロップの甘みはかの悪名高き「高果糖コーンシロップ」ですし、コーヒーフレッシュはミルクの一種と思い込んでいる人もいるようですが、実際にはミルクは一滴も入っておらず、油と水と食品添加物でつくられた トランス脂肪酸のかたまり だからです。 生活環境も “フェイク世界” だ。 ・・・ ザウルスでござる・・・さんのサイトから。 …

続きを読む

地球原住民の生き残りが日本人 ?

日本人の脳の構造は極めて特殊で、人類の脳には右脳と左脳があり、世界中のの人々は主に右脳で言語を処理しますが、日本人は左脳で処理します。・・・との事です。 日本も日本人も不思議満載のようです。そして、消滅の危機の様な気がします。 太田龍「縄文日本文明一万五千年史」。 岡 潔 。 「私には日本民族はいま絶滅の崖の縁に立っているようなものとしか思えない。それだけでなく、世界的に…

続きを読む